地上最小のスモーキング大作戦!

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年度「大煙会」に参加してきたよ!講習会編

<<   作成日時 : 2014/07/09 22:58   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

さぁぁぁ!お待たせしました( ゚д゚)!

大煙会2014、講習会編の更新だぁーーー!

画像
こちらは、講習会の受付及びスタッフの方の待機場
紫煙がモクモクしている、良いぞもっとモクモクさせてどうぞ!
画像
こちらが、今回の講習場所
カフェ・ジュリエさんの店舗の裏手のスペースだ
画像
まず、私はスナッフ講習会に参加した(無料)
画像
北欧インフォメーションセンターのおっチャン登場!
ここから、スナッフに関する基礎知識や吸い方が教授される
画像
まずは、ウィルキンソン社のスナッフの説明から
高品質なスナッフを作り出す工程が事細かに説明される
画像
これは、スナッファー歓喜の新アイテム!
その名も、「スナッフボトル」の使用説明書の画像になる
画像
まずは気ままに手に取ったボトルから
これは、クールハニーという銘柄、
ハチミツの芳醇な香りの中に、ミントのクール感!
鼻の中がすっきりとする、心地いい香りが広がる…

しかし、スナッフボトルの扱いに慣れず、大いに咳き込むマッケイ!
画像
スナッフボトルの説明に入ろう
スナッフの欠点は、
1 吸ってる姿が怪しい
2 手に乗せると粉が残り汚れる
3 1,2により面倒が生じる     この3つが主だろう

しかし、見て欲しい!

まずは、ボトル横の矢印が下に向いているのがわかるだろうか?

画像
この画像では上に向いている
事前に、ボトル自体を逆さまにして
おおよそ1回分のスナッフが充てんされた状態だ!
画像

この画像で、適量が吸引スペースに充てんされていることが
お分かりになるだろうか?


そして鼻先に持って行って吸い込むのだが

実際、便利だなコレと痛感した(*´σー`)エヘヘ

手も汚れない、しかも適量をちゃんと計測してくれる!
素晴らしいアイテムだ、私は4つ買った

友人に半分送るつもりでいるためだが、コレ便利

なるほど、これからはスナッフの時代だと言っていたおっチャンの
真意が見て取れた、タバコのスタイルは日々進歩している!
画像
こちらは、戸塚氏による
キセルの実演講習会になる(1000円キセル付き)
画像
これをみて欲しい
既に廃盤になった昔のキセルタバコ銘柄の勢揃いだ

個人的には、「みのり」が一番芳醇な香りだった

貴重な銘柄が吸えるのも大煙会スタッフの努力の賜物
1000円でキセル付きで、こんな体験ができるのは実際安い(笑)
画像
これは、私の初キセルになる
延キセルという便利なキセルで
その気になれば、湯煎してヤニを全部除去できる
画像

画像

画像
まずは、キセルの正しい吸い方から
キセル用のタバコを丁寧にまとめる
この時、決して強引に引っ張ってはいけない
毛先がのびやかに離れるように丁寧に引っ張って

そのタバコを丸め、

火皿に”刺す”のである
決して押し込んではいけない、

あくまで丁寧に丸めて、火皿に軽く刺す
これが何より重要だという話である

着火についても、決して強火ではなく
マッチのようなできるだけナチュラルな炎が最適であるそうだ
画像
初めてにしては、上手にできた!
スプーンでスープをすするように
優しく吸い込むと、その煙の芳醇なこと!

私は、キセルを始める決意を新たにした瞬間だ~ヘ(´ー`*)
画像
こちらは、シガー講習会(1300円)

画像
今回私は、この講習会に参加はしなかったが
写真を撮らせていただいた

どうやら、パルタガス ショーツが今回の提供葉巻のようだ
画像
この画像は、ハバノスの
葉巻の年式を丁寧に説明している構図である

ここら辺が、やはり行き届いている

ハバノスの銘柄は年式によって味わいが大きく異なる
これは、近代の葉巻の品質化の均一化による弊害が大きいが
そのことについても事細かに説明を加えていた!

素晴らしい、さすがである
画像
ボックスを開封してからの
説明もまた秀逸であった

この説明ならば、シガー初心者であっても
十二分に講習会を楽しめたであろうと思う
画像
こちらは、パイプの講習会(確か1000円パイプ付き)
画像

パイプ喫煙とは、経験が物を言う世界観であるが

こちらも、十二分な説明がされていたように思う
画像

画像
講習会そのものは丁寧そのもの
パイプにタバコ葉を詰める様子から、着火、タンパーの使い方に至るまで
十分な説明があったことは間違いない

大煙会2014の講習会は大まかにこのように行われた

さすがタバコの集いだけあって、
知識、経験を蓄えた老練な愛煙家たちが講師を務めあげ

充実した講習会になったことは言うまでもない

実に、大煙会は素晴らしい集いであった

趣味喫煙の分野においても、タバコをいかに楽しむかの
明確な道しるべとなる会であったろう

しかしながら、個人的な感想を述べると
今回は、ほかの参加者の方々と交流ができなかったのが
何より無念であった…

これは来年の課題か?
いや、そもそも来年も参加できるのか?

もやもやしているが、読者の愛煙家諸兄には
会場の雰囲気を一寸ながらにもお伝えできたことを

今回の、記事における喜びとして〆としたい

それでは、皆さんも良いスモーキングを!

愛煙家は不滅なりとも
健康には十分気を配るべし!

アウフヴィーダゼン!!!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんか大煙会のオフィシャルブログって感じになってますね〜。
思ったよりかは広くない場所で行っているんですね。
参加したいなぁ
ヘンリー3世
2014/07/11 14:01
良いですねぇ。
地方に住んでいるとなかなかこんな機会はありませんもんね。
なんとか時間をやりくりして行ってみたいものです。
take525
2014/07/20 13:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014年度「大煙会」に参加してきたよ!講習会編 地上最小のスモーキング大作戦!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる