地上最小のスモーキング大作戦!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第3回 たばこ考察「アメリカ向けハバナブランドの存在」

<<   作成日時 : 2012/01/18 05:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

テーテテ、テーテーテーッ(゚∀゚)

アメリカはすごい国だけど、いまいち好きになれないお年頃の
マッケイです(σ・∀・)σ

むしろ今はドイツに興味があります。
画像

ドイツのカツレツとしてあまりに有名な「シュニッツェル」
お肉がおいしそうな食文化ってスバラシィーな・・・
画像

壁面に木材を露出させたり、飾り窓を付けたり、
こういう建築様式を「ロマネスク様式」っていうらしいですね。
食文化や建築様式がモロにこのみです、ハイ(´ー`*)
あと、なぜかドイツって紙巻きたばこは税率高いのに、
葉巻は税率低くて安いのはなんでなのだろうか?フシギ!

今回は、おなじみアメリカ合衆国での葉巻ブランドに関する歴史のお話です。

この記事をご覧になっている皆さんで、葉巻を嗜んでいる方なら
キューバ産以外の産地で製造された、なんだか雰囲気が違う感じの
ハバナブランド葉巻を目にしたことはありませんか?
画像

画像

それは、いわゆる”アメリカ向けブランド”と言うもので、
もちろんキューバ産ではなく、近隣のドミニカ共和国やホンジュラス、
ニカラグアなどの国で収穫したタバコ葉で作られた葉巻です。

ブランド名は一緒なら風味も同じで、しかも本物より安い素晴らしい!
・・・と思っている方はさすがにいらっしゃらないと思いますが、
あえて言いますと、全くの別物です( ´Д`)いや、割とマジでー

そう、あれは私がハバナシガーにあこがれるあまり・・・
ドミニカンCOHIBAとPartagasを購入して、
(初めてのハバナブランドで)期待に胸を膨らませーの・・・
(目をキラキラさせて)吸いーの・・・
(異質な風味に)むせるーの・・・
(ニコチン酔いでトイレに)駆け込みーの・・・

トツギーノォォォォォォ(#´∀`)ウーッ!★

もうあの時は、ほんとにぶっ○してやろうかと思った(#゚Д゚) プンスコ!
騙された自分にも絶望したぁ!(´;ω;`)ブワッ

大外れを引いたのか、元がやばかったのか、
具体的に言うと、前者は開封してから時間がたち過ぎたクリープ風味
           後者は柿渋を煮詰めた+杉のさわやかな香り風味
( ;∀;)ムリ〜耐えられない!しかも結構いいお値段したのに・・・

葉巻を始めて半年で決定的なトラウマを植え付けられた私ですが、
最近では、情報収集を駆使して、
いい感じのパチモン☆ハバナブランドを見つけることに成功しました(*^_^*)

パチモンというのはさすがにひどいですが、ハバナを期待しなければ
普通に葉巻として風味のバランスが良い銘柄が多くあり、
十分においしいです、ハイ(^q^)<旨ければおk!

まぁ、パイプ派の友人からは、
ぺろっと「マッケイってこだわりが中途半端で俗☆物っぽいねw」
って言われて、グラッときましたが、奴のとっておきダンヒルの中に
ハバネロ粉末をガチで入れてきた(黒っぽくて匂いのしない粉)のでOK・・・

さて、本題ですが、どうしてこのようなブラントが登場したのでしょうか?
簡単に言えば、アメリカがキューバへの経済制裁の一環として
キューバからの物資の輸入を禁止したからの一言に尽きます。

アメリカは、1959年のキューバ革命によるカストロ共産主義政権の誕生と
それに続くキューバ政府によるアメリカ人資産の接収以降、
アメリカはキューバを脅威とみなし、カストロ政権転覆と
民主化促進を目的として経済制裁を軸とした封じ込めと
孤立化の政策を行ってきました。
画像

キューバの”元”国家元首フィデル・カストロ。
単純にかっこいいおじいちゃんですね。
画像

現キューバ首相、ラウル・カストロ。
現在は元首を退任し、弟のラウル・カストロさんが評議会を束ねています。

キューバ革命も簡単に説明すると、
アメリカのえげつないキューバ植民地化に頭にきた、ゲバラ率いる革命軍が
奇跡的と言える革命戦によって、キューバを自分たちの手に取り戻した
歴史的な事件の事です。
画像

英雄チェ・ゲバラ。
共産主義どうこうよりも、彼の行動力と愛の深さにあこがれます。

革命についてのお話は、キューバに関する記事で詳しく話したいなぁ。
もっと勉強せねば....φ(・ω・` )

時代はまさに米ソ冷戦時代、ただでさえ勢力図の書き変わりが
気になるであろう時期に、自国の真下の国が共産化してしまったので、
テメーふざけんなよ(# ゚Д゚) ムッ!という感じでしょうか・・・

しかも、1962年には”キューバ危機”が勃発します。
キューバにソ連製の核ミサイルが配備され、共産陣営はアメリカに対して
アメリカ全土をミサイルの射程におさることで、冷戦に王手をかけようとしました。

うちのおばあちゃんの昔話いわく、
「あの時は本当に核ミサイルが飛んでくるんじゃないかとはらはらした」そうで
とてもじゃないけど、世界が滅ぶようで怖かったそうです。

幸い、ジョン・F・ケネディーとニキータ・フルシチョフの米ソ首脳の
秘密会談?によってキューバからミサイルは撤去され、
全面核戦争は回避されたと言われています。
画像

もはや常識の人となったJ・F・K。
画像

あなたニキータって名前だったのね(;´∀`)・・・

あぁ、また微妙に話がずれた(*w*)
歴史の詳しい話はキューバ編の記事までに再勉強です!

1961年から始まったアメリカのキューバからの輸入禁止は、
文字通り、キューバに制裁的な大打撃を与えることになります。

その中でも葉巻の輸出は、アメリカが5割を占めていただけあって、
超絶的な大打撃を受けることとなります。
ハバナシガー産業の大ピンチ!いったいどうなるの?

しかし、アメリカ愛煙者たちはこの時、まさに絶望しただろうと、
今まで普通にあったものが、もしかしたら一生楽しめなくなるんですもの。
画像

しかたないね(`・ω・´)

J・F・ケネディーはキューバからの輸入禁止演説の12時間後
部下に命じて「H・アップマンのペティ・コロナを1000本確保しろ!」と命令。
画像


彼の部下であるサリンジャーは1200本の葉巻を買占め競争の中から
1200本も確保することに成功したのであった( ゚Д゚)地味にスゲェ

この貿易制裁で、多くのシガーメーカーやパニックに駆られたスモーカーは
当然買占めに動き出します。

その結果として、
ハバナシガーの価格が急上昇し、1961年に1箱150ドルだったものが
翌年の1962年には6倍以上の1000ドルにまで跳ね上がります。

ヤバいやばいとスモーカーたちの買占めは続きますが、メーカーが
買占めを見越した買占めによって、大量に葉巻をストックしていたので、
しばらくアメリカ国内からハバナシガーが消えることはありませんでした。

そして、この出来事はアメリカで消費される新しい葉巻、
つまりはハバナ葉を使わないブランドの開発につながっていきます。
幸い、メーカーのストック量が多かったために時間はありました。

全く新しい方向にフロンティアが開拓されたこの時期は、
今まで無名であったシガーメーカーにとって、
まさに、天の助けであったに違いありません。

そうして、キューバ近隣国において新しいブランドが次々に誕生し、
今日に至る過程で、アメリカ向けハバナシガーも誕生したということです。

なんちゃってハバナシガーまで需要があるのですから、
きっとアメリカの愛煙家たちもハバナシガー楽しみたいんだろーなー。

アメリカ人葉巻愛好家に「ハバナ吸わないの?」と言ったら
きっと喧嘩になること間違いなしです (・∀・)
画像


簡単な説明はこんなところでしょうかヽ(´ー`)ノ
というか資料が少ないのでこれぐらいのレベルの記事が限界です(^_^;)

とりあえず、今回はここまでとしましょう。
では、皆さんも良いスモーキングを!

ふぅ・・・次はキューバ編か( ・ω・) 




モンテクリスト 【ペティエドムンド】 [キューバ産]
Wine&Cigar リカープラザ大越酒店
生産国 [キューバ] 長さ 105mm 太さ 20.64mm ポイント 新発売。ペティロブストサイズ

楽天市場 by モンテクリスト 【ペティエドムンド】 [キューバ産] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ロメオYジュリエッタ No.2 [チューブ入り] [キューバ産]
Wine&Cigar リカープラザ大越酒店
生産国 [キューバ] 長さ 129mm 太さ 16.67mm ポイント チューブ入り。ペティコロナ。

楽天市場 by ロメオYジュリエッタ No.2 [チューブ入り] [キューバ産] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

パンチ パンチ・パンチ [キューバ産]
Wine&Cigar リカープラザ大越酒店
生産国 [キューバ] 長さ 143mm 太さ 18.65mm ポイント 喫煙時間は約1時間。蜂蜜を想

楽天市場 by パンチ パンチ・パンチ [キューバ産] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン
第3回 たばこ考察「アメリカ向けハバナブランドの存在」 地上最小のスモーキング大作戦!/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン
2013/07/06 03:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第3回 たばこ考察「アメリカ向けハバナブランドの存在」 地上最小のスモーキング大作戦!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる